Q&A

Q:単独型臨床研修施設とは?
A:医院単独で臨床研修を1年間行う臨床研修施設です。詳しくは厚生労働省のページをご覧ください。

Q:アーク歯科はどこかの協力型研修施設になっていますか?
A:当院は日本大学歯科病院の協力型臨床研修施設にもなっています。

Q:単独型ではなく協力型として研修することも可能ですか?
A:可能です。当院は日本大学歯科病院の協力型臨床研修施設となっています。日本大学歯科病院の臨床研修歯科医師となり、研修プログラム1を選択して下さい。(協力型臨床研修施設として)当院とマッチングを行いマッチすれば研修可能となります。

Q:そちらに単独型で研修する場合と協力型で研修する場合の違いを教えてください。
A:一番の違いは期間です。単独型は1年間、協力型は8か月間です。研修プログラムは単独型を基本とし、協力型での研修は省略形(初期研修と後期研修は大学で)となります。研修医の待遇条件(研修費や住宅手当、交通費等)は、協力型の場合、大学での条件となります。

Q:そちらに協力型で研修する場合の要求される条件を教えてください。
A:協力型で希望される研修医は、当院の単独型研修プログラムでの初期研修に相当する能力を既に修得している必要があります。単独型研修プログラムの初期研修では、歯学教育6年間の座学と基礎実習、臨床実習(水準ⅠおよびⅡ)の復習を行います。

Q:募集人数は何人ですか?
A:年度により異なりますが,今年度は4名です。これは、1年間で当院が引き受ける研修医の人数ですので、単独型と協力型で合わせて4名となります。

Q:単独型と協力型はどちらが優先になりますか?
A:優劣はありません。ただ、先に単独型として、4名決定し、(国試不合格などで)欠員が出ない場合には、協力型での募集はありません。

Q:定員いっぱいまで研修医を採用しますか?
A:定員が4名でも必ず4名の研修医を採用するとは限りません.当施設での選考方法は,相対評価方式(応募者の中から4名を選ぶ)ではなく,絶対評価方式(当施設の定める水準に達しているかどうか)です.10名の応募があったとしても,1名しか水準に達していなければ1名のみの採用となります.

Q:研修終了後、一定の拘束期間(2年は辞められないなど)はありますか?
A:ありません

Q:研修終了後アーク歯科に就職できますか?
A:①医員の欠員がある場合、②特に秀でた能力がある場合、③特に優秀な(研修)成績を残した場合、是非、研修後は当院へ就職してください。その場合、研修医に対して積極的に指導に参加してもらい、さらに向上していただきたいと思います。

Q:アーク歯科で単独型として研修を受け、その後大学病院等へ入局することは可能ですか?
A:可能です。後期研修の際にご相談いただければ適切な講座あるいは医局を紹介いたします。

Q:見学は可能ですか?
A:可能な限り見学してください。ご希望は電話(03-5212-4618)かメールでお問い合わせください。

Q:遠方なので見学や面接に行きにくいのですが?
A:面接はSKYPEで行うことも可能です。

Q:申し込みはどのように?
A:募集要領をご覧ください。

Q:どのような研修医が適してますか?
A:とにかく、やる気。そして気持ちだけでなく行動を起こせる研修医が適していると思います。

Q:そちらの研修では、たくさん症例をやらせてもらえますか?
A:本人の能力しだいだと思います。ただし、当院の治療理念に基づき、患者さんに対して不誠実なことはしていません。きちんとステップをふみ、治療ができる状態であることを確認してから、治療を行ってもらうようにしています。歯科医師になってたくさんの症例をやりたい気持ちはわかりますが、ただやみくもに数だけこなすのでは、研修医にとっても患者さんにとっても不利益となります。

 

ホーム2015年度募集概要施設概要プログラムカリキュラム募集要項Q&Aお問い合わせアーク歯科HP